忍者ブログ
長崎でネコを多頭飼い!白黒猫・みるく師匠、三毛猫・ゆっけ、マンチカン・ちはや、メインクーン・梵天丸、Mix・竹鶴&いろはの日常をダダ漏れするブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


なかなかアゴの下の怪我が治らず、カラーが外せなかったみるく師匠。

検査の結果、奥歯の歯槽膿漏から出てくる膿が、アゴ下の傷口に流れ込んでいることがわかりました。

そして、2013年10月7日に抜歯手術。順調に快方に向かうかと思われたのですが…。

傷口はふさがったものの食べたものを吐くことが多くなり、10月23日に再診察。

どうやら食道炎を起こしているとのことで、ガスモチンを処方されました。

が、食欲が日に日に落ち込んできて、なんだか見るからにゲッソリとしてきましたので、今回は諫早の多良見町にある「みなみ犬猫総合病院」のお世話になることにしました。


見るからに「極度の脱水症状」と診断。

3kg台だった体重が2.5kgまで落ち込んでいました。これはいかん!

ということで、急遽、皮下点滴で水分補給。


念には念を入れて、精密な血液検査。

白血病・猫エイズはともに陰性。

BUN(血中尿素窒素)・GLU(血糖値)がともに高めの数値を示しましたが、これは脱水症状による一過性のもので、腎臓に疾患があったり、糖尿病の疑いはないとのこと。

みるくも高齢の域に入ってきたので心配はしていましたが、ひとまずは安心。

ただし、WBC(白血球数)が高いのは見逃せず、おそらくなんらかの感染症にかかっているだろうとのこと。

1週間ほど抗生物質の投薬で様子を見守ることになりました。

今回の診療代は血液検査・皮下点滴・抗生物質などすべて込んで約25,000円。
急な出費となりましたが、命には代えられません。

posted by ゆう
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
↓担い手

*衣谷(ゆう)*
長崎県諫早市出身の九州男児。
みるきゅっけ煩々の著者
特徴・爪を一本切り忘れる。コショウを使うとくしゃみが出る。

*やか*
東京の足立区生まれの女子力低い女子。
衣谷(ゆう)の嫁
特徴・基本不精もの。

―猫部門―

*みるく*
白黒ハチわれ猫
季節毎に部屋の快適空間を見つける名猫。
あだ名は『師匠』
男子。

*ゆっけ*
三毛猫
(お洒落に言うとキャリコ)
みるくの見つけた快適空間を横取りする名猫。
女子。

*ちはや*
マンチカン・耳折れ・毛長
オモチャは梱包用の紐がNo.1
やかの足を噛み付けば遊んでもらえると思っている黒猫。
男子。

*梵天丸*
メインクーン・クリーム色
遊びたがりの甘えん坊。
力を完全に抜き自己開放して寝るのが特徴。
男子
↓いくつになった
script*KT*
↓リアルファーは買いませんよ
毛皮はいらない
↓暦です
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
↓RSS対応のツールがあると便利
↓忍者が数えてます
キリ番取った皆様 おめでとうございます コメントをありがとうございます 乱舞しながら読ませていただいております。
↓対応の携帯で読み込めます
忍者アド

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]